2006年03月26日

嫌になること。

着物を着てて嫌なことも多少あります。


自分が着てて、というよりも「着物を着ている人が嫌」になることがあります。


私が遭遇するのは叔母様に割りと多いのですが・・・。


なんか威張ってるよ?

着物を着てない人(着物の知識のない人)を見下したような事を言い出すよ?


何故でしょう・・・(^^;?
私の運が悪いだけ??(私が言われたんじゃなくて、私の側でそういうことを言い出す叔母様方に何故か遭遇する・・・。)


好きじゃないと着物の知識が身に着かないような世の中で何でそんな。




それとは関係なく、先日アンティーク着物屋さんでお客さんが店員さんと話してたこと。

「着物の人って絶対集団ですよねー。不思議やわ〜(笑)」←この人は着物着ないらしい。お使いで来たらしい。


それはね、着物を特別視されるのに一人じゃ耐え難いからじゃ?
あと、同類と居ると安心感があるからよ。(^^;
世の中そんなモンでしょう。



なんだか着物着る人と着ない人の溝を感じます・・・グスン。
posted by ハル at 00:20| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。